№82



4月に新しい学年を迎えた幼稚園も
早くも1学期のまとめの時期に差し掛かっています。

今日は6月28日、木曜日。
丁度曇り空でお日様が陰っている間に、じゃがいも掘りをしました。

「どこに畑が?」と、聞かれそうですが
裏の方に猫の額ほどの畑があるのです。

3月初めにF先生が畑を掘り起こして
種イモを植えてくれるのです。
「幼稚園の子ども達が、お泊まり保育のときのカレーにして食べるのだから。」
と、心を籠めて植えてくれます。



どんなお芋が採れるのかなと
今日も年長組の子ども達が列を作ってやってきました。

最初は皆おっかなびっくり手を恐る恐る出しています。
「どうして?」と、聞くと
「ハサミムシがいるの。」
 確かに茶色の虫とダンゴ虫や他にもいろいろの虫が見え隠れしています。

そうかと思うと
勢いよく砂を掘るように、土を投げ飛ばしてお芋を収穫した人
女の子の中には、まるで宝石を探すように優しく土を掘る人など様々で
「わぁ~! おおきいのがとれた! 」
「りょうてに、はいらないよ~。」など
歓声がしきりに上がっていました。


土を直接触ったことがない子ども達の初めての体験。
どんなカレーができるのでしょうか。
お楽しみに!
 


お芋を掘って園庭に戻ってみると
年少組の子ども達が話し合いの真っ最中。
「Mちゃんがおしたの。」と、悲しそうに泣いています。
周りの4、5人が
「もう、だいじょうぶだよ。」
と、慰めてくれて一件落着!
  
小さい子ども達も言葉が大分出てきていて
お友達の様子も観察中。

今、クラスの窓には色とりどりの七夕飾りが下げられています。
何回かに分けて作った飾り。
それぞれ家に持って帰って
夜空を眺める所に下げてもらえるといいですね。

  

                        レストナック幼稚園 園長 横田光子